カテゴリー
ハムスター

【ペット】2020年8月17日のハムスター

 

おしりが好きな皆様へ、大サービス♡

カテゴリー
防災

【防災】2020年8月15日_車両火災第一出場

2020年8月15日午前4時6分、私の受け持ち地区(旭消防団第3分団第2班)で車両火災が発生しました。

 火の様子。午前4時29分撮影。

防災の日まで半月。

現下のところSARS-CoV-2対策で防災どころではない、という方々が多いとは思いますが、こうした隙を突いてやってくるのが災害です。

今回は車両火災の事例です。

車両火災はあまり目にすることはないと思いますが、出火報ではしばしば耳にします。

以前、深夜に横浜新道から保土ヶ谷バイパスへ渡っていたところ、車両火災に遭遇したことがあります。三車線の一番右側で炎上しており、私は一番左側の車線へ避けたのですが、まるまる一車線分の距離をとっても頬に熱さを感じるほどでした。

今回はそのときほど激しい燃え方ではなく、近隣の建物への延焼はありませんでしたが、車両一台が焼損する被害を生じました。幸い、人的被害はありませんでした。

車両火災、特に自動車火災の場合、考えられる原因を次のように区分できると思います。

・駐車中 → 放火

・走行中 → 整備不良など

第一の「放火」ですが、防ぐ手立てはあります。

まず路上駐車をしないこと。自動車に限らず、路上に置かれている可燃物は放火の対象になります。家屋でも、建屋の周囲にごみを放置している場合は危険です。放火させない環境作りを心がけましょう。

消防統計(火災統計)によると、令和元年に発生した火災のうち7.2%が放火によるもので、原因別では4位です。しかし、「放火の疑い」まで含めるとなんと12.0%とぶっちぎりの1位になります。車両に限らず、放火犯に「放火させづらい」環境を整えることが大切です。

第二の整備不良について、原因を消防統計から引用しましょう。

車両火災 3,580 件では、「排気管」600 件(16.8%)、「交通機関内配線」322 件(9.0%)、「電気機器」235 件(6.6%)、「放火174 件(4.9%)、「たばこ」167 件(4.7%)の順となっています。

駐車場内が舗装されていない場合、雑草の繁茂を抑えて排気管の熱で枯草が発火することを防ぐのも一案です。

また、不正改造で排気管の熱が車両の可燃部が熱される、電装品の絶縁体劣化、車外品アクセサリーの付けすぎによるケーブル過熱といった要因も考えられます。

高年式の自動車は電気系統に劣化がないかときどき目視で確認することや、アクセサリーを追加するときはヒューズを使うことを心がけましょう。

劣化の目視は、ケーブル(コード)を覆っている絶縁体が白っぽい色になっていたり、絶縁体自体がボロボロになっていたりします。いくつかのケーブルを束にしてある場合、束ねている部材(テープで巻いてあったり、スパイラルチューブでまとめてあったりします)が劣化していないかを確認します。

特にバッテリーから直接電源をとる場合(いわゆる「バッ直」)では、容易に大きな電力を確保することができるだけに、注意したいものです。

また、自家用車の火災ではありませんが、公共交通機関を利用する場合にはこんなことを考えてみてはいかがでしょうか。

① バスを利用するとき

車両後部に非常口があります。非常口があっても、開け方を知っている方は少数ではないでしょうか。ときどき非常口座席に座り、開け方をチェックしておきましょう。

外部からの放火により、乗員・乗客が多数死傷した新宿駅西口バス放火事件もありました。

特に児童・生徒の通学バス関係者は、外部にある非常用レバーの使い方をよく知っておいて欲しいと思います。

火災ではありませんが、最近では運転手の急病時に乗客がボタンを操作することで緊急ブレーキがかかる車種もあります。よく見ておきましょう。

② 鉄道を利用するとき

消火器が備え付けられていますので、場所の確認をお勧めします。また、座席の下に赤い枠で囲まれたパネルがあります。これを開けると、赤く塗られたレバーがあります。このレバーを90°回せば、ドアは手動で開けます。

この設備は悲惨な桜木町事故を教訓に装備されるようになりました。ただし、非常時には対向列車や送電設備(第三軌条方式の地下鉄などでは、レールに見える軌条に高圧電流が流れています)に注意しましょう。

これはJR205系車両の例ですが、外部からドアを開放できるようにもなっています。中距離列車の折り返し駅では、清掃作業員が使うこともあります。豆知識として覚えておきましょう。

なお、地下鉄や長大トンネルでの火災は悲惨な事故になることが多いです。韓国・大邱地下鉄放火事件や日本の北陸トンネル事故ばかりでなく、トンネル以外でも西成線火災事故といった火災が発生しています。

ちょっとした心構えが、あなたや大切なひとの生命を救うことを覚えておきたいですね。

カテゴリー
ハムスター

【ペット】ジャンガリアンをお迎えしました

6月に、お迎えして2ヶ月しか経っていないジャンガリアンハムスターのまりやが旅立ちました。

喪明け、というわけではありませんが、新しい子が我が家にやってきました!

んは?

呼ばれて飛び出てジャンガリア~ン!

何かくれるの?

名前はまだ決まっていません。

カテゴリー
野球

【野球】2020年8月5日DB-M(イースタンリーグ)

ようやく!

今シーズン初めてのプロ野球(NPB)観戦です。

ただし、一軍の試合はプラチナチケット…とまではいかなくとも、3~5万人収容のスタジアムに5,000人までと、SARS-CoV-2対策でかなりチケットは手に入りづらい状況です。

そこで、今季初観戦をイースタンリーグにしたわけです。

真新しいスコアシートを用意して、さあスタジアムへ!

この日は、平塚球場(ネーミングライツ売却で相石バッティングパレス平塚というそうです)で行われるイースタン・リーグ公式戦、横浜DeNAベイスターズ対千葉ロッテマリーンズ第5回戦。

家を出発する直前まで横須賀スタジアムでの開催と思い込んでおり、たまたま読んでいたスポーツ新聞で平塚開催だと言うことを知るどたばたぶり…orz

相鉄線で海老名→小田急線に乗り換え伊勢原→神奈中バスで平塚球場前へ。Yahoo!路線情報で検索したところ、横浜駅から東海道線に乗るより安く、時間もあまり変わらないらしい。それなら安い方がいいよね。

無事、午後5時頃スタジアム前へ到着。

…チケット売場に長蛇の列(うそうそ)ができています。

聞けば、申込書に氏名や連絡先を記入して提出するとのこと。うん、万一クラスターなど発生しようものなら大変なので、トラッキングできるようにしているんですね。

列の最後尾に並んでからチケットを手にするまで10分弱といったところでしょうか。普段開放している入口はクローズされており、出入口は一ヶ所のみ。検温、手指の消毒、手荷物検査…とハードルを越え、ようやくスタンドへ。

# 係員の皆さま、大変そうでした。お疲れさまです。

座席は全席指定。もちろん、スコアを書くのに最適なバックネット裏を購入です(いや、料金はどの券種でも同じなんですけどね)。

hiratsuka_studium
観客席から見た平塚球場(著者撮影)

試合経過は添付のスコアシート(PDF)をご覧くださいませ。PDFをJPEGに変換したものをここで見られるようにしておきます。

スコアシート_1
1枚目
スコアシート_2
2枚目

ざっくり流れを追うと、ベイスターズ先発のピープルズ投手が3回までマリーンズ打線を2安打1四球4三振とまずまずの立ち上がり。

対するマリーンズの先発は育成の森遼太朗投手。

こちらも3回までを無失点と、双方なかなかの滑り出しです。

別の観点では…この日の三塁塁審は岩下健吾審判員。NPBのオフ企画、PLAY BALL TEAM13に出演した10年目。昨シーズンまで80試合出場と遅咲きタイプの審判員です。出身大学が私と同じで、親しみを覚えます。

球審は2年目の育成審判員、川上拓斗審判員。一軍出場…いや、正式契約を目指す若手です。

公式記録員は地元・神奈川、瀬谷高校出身の近江屋拓記録員。ついこの間入局したと思っていたら、いつの間にか20年目。2度目の日本シリーズ出場を目指す中堅になっていました。ああ、私も歳をとるわけだ…(滅)

さて、試合が動くのは3回。

DB・ピープルズ投手が福田光輝選手に与えた四球をきっかけに大きく崩れ4失点(自責点3)。6回にマリーンズが2点を追加し6-0とします。

ベイスターズは6回裏に関根大気選手の三塁打を足がかりに1点を返すも、反撃はここまで。特に8回裏・伊藤裕季也選手が空振りの三振に倒れた場面では、振り逃げであるにも関わらず走塁をせずダッグアウトへ戻ってしまいました。

確かに悪送球でもしない限り一塁でアウトにはなるのですが、全くの興ざめ。

ベイスターズは石川雄洋選手・マリーンズは藤原恭大選手をはじめ平沢大河選手、三木亮選手、加藤翔平選手、細谷圭選手、佐々木千隼選手と一軍にいるべき選手や注目選手が目白押し。

いかにファームとはいえ、実に後味が悪い試合でした。

次はいい試合が観たいものです。

カテゴリー
アマチュア無線

【無線】2020年8月8日_JR1YWK月例ロールコール実施

2020年8月8日06:30~、横浜市アマチュア無線非常通信協力会旭区支部(JR1YWK)の月例ロールコールを行いました。

チェックイン局は下記の14局でした(チェックイン順)。

JI1BPH JG1FBP 7M1TCV 7N4GBZ/1 JQ1QHL JF1KUR JA4PNF/1 JQ1KGA JA4DPM/1 JK1PIU JI1DWC JA1KAD 7N4GBZ JN1RNY

センター局は当JN1RNYが務めました。

次回は9月12日(土曜日)06:30より行う予定です。

9月12日は、ラリー北海道のオフィシャルで北海道へ行く予定ですので、センター局は別のメンバーが務める予定です。

カテゴリー
アマチュア無線

【無線】2020年7月19日_川崎HAMネットロールコールにチェックイン

2020年7月19日(日)21:00から433.86MHzで行われた川崎市アマチュア無線情報ネットワーク(JO1ZBX)のロールコールに参加しました。

私は横浜市在住ですが、大規模災害発生時は周辺との協力も大事だと思いますので。

結果ですが、案の定旭区とは川崎市全域が厳しい伝搬状態でした。

川崎市内から11局がQRVしましたが、了解できたのは数局。特に川崎市中部~西部は全滅で、川崎区・幸区がかろうじて確認できた程度。

私のシャックは山頂・北向きで川崎市中部方面は開けているはずですが、ビームがついたアンテナでないと厳しいと感じました。

# 現状は5/8λ×2(144MHzでは1/2λ)モービルホイップ。

団地住まいですので制約があるとはいえ、ここまで厳しいとは思いませんでした。南側も区内全域インレンジではなく、430MHzでは区界付近では信号があるのが分かる程度。144MHzではそれなりに入感します。

デュアルバンドのリグが一般的なので普段は見過ごしてしまいがちですが、やはりVHFとUHFの差は歴然。

ただ、単に中距離の伝搬だけをみれば (´・ω・`)ショボーン な結果ですが、発災時はバンド中が輻輳する恐れがあり、携帯電話網でいうセル化であったり、さらにパワーを絞る・アンテナを工夫するなどして必要な情報を必要なときに…という技術を磨いてゆくことが大事だと感じました。

JO1ZBX各局、TNX。

またよろしくお願いいたします。

カテゴリー
未分類

【日記】WordPressをインストールしました

WordPressをインストールし、運用を始めました。

試行錯誤、trial and errorでやっていこうと思います!